京野菜、京料理、京都のおもてなしを感じられる結婚式場について

京野菜、京料理、京都のおもてなしを感じられる結婚式場について紹介します

京料理のおもてなし

By on 2016年11月17日

結婚式に招待されたゲストが、京都で行うと聞いた時期待する料理とはどのようなものでしょうか。高級なフレンチやイタリアンもよいでしょうが、やはり九条ネギや壬生菜、聖護院大根やえびいもなどの京都でとれる京野菜を用いた京料理を期待されている方が多いのではないでしょうか。最近では懐石料理のほかにも、フレンチやイタリアンなどでも味はもちろん、盛り付けや器にもこだわった京料理の要素を盛り込み、独創的なメニューもあるため、ゲストに合わせた料理を選択できます。

京都では、2013年から京都府の農業、漁業、加工品までの食材についての正しい知識をマスターすることを目標とした資格、京都フードマイスター検定協会主催で京都市教育委員会などが後援している「京都フードマイスター」という新しい民間資格があります。この資格保持者は、京都府の食材の栄養や特徴、調理法などの知識を広く持っており京都の料理の楽しみを提示してくれます。

また、京都府と京都府全市町村のJAが共同運営している法人である(公)京のふるさと産品協会に、京野菜の伝道師と認定された「京野菜マイスター」のいるお店では京野菜の魅力を堪能できます。同協会で和食はもちろんフレンチからイタリアンなどの京野菜を食べられるお店を「旬の京野菜提供店」と認定しているので、京料理を選ぶときに参考になります。